普通車と軽自動車の利点軽自動車・普通車、それぞれの利点について!

SITEMAP

赤い車

普通車と軽自動車の利点

車といえば普通車か軽自動車のどちらかで悩む人も少なくないと思います。最近ではコンパクトカーに限って言えば、軽自動車との価格もほとんど差がなくなっています。

それぞれの特徴についてですが、近頃の軽自動車は車内が広く、低燃費です。この辺りはコンパクトカーにも言えることですが、やはり軽自動車の利点といえば、税金の安さが挙げられます。基本的に重量税や取得税も、普通車に比べて優遇されています。ただし、2015年4月から軽自動車税が1.5倍の増税に決定しましたので、この点は注意が必要です。

一方で普通車、特にコンパクトカーの利点といえば、車内の広さや燃費は軽自動車と同じくらい優れていますが、普通車に限って言えば、やはり安定性でしょうか。高速道路などを走る機会が多ければ、普通車のほうが快適に走ることができます。長距離などの運転の際にも乗り心地がよく、運転が楽です。

どちらにも良さがあり、また不足している部分があると思います。実際の車の使用環境などによっても、使いやすさは変わると思います。近所への買い物が中心であれば小回りの利く軽自動車、通勤距離が長いのであれば普通車、などそれぞれのライフスタイルに合わせた車選びが大切です。



普通車にはなく軽自動車にしかない魅力について



自動車の中でも今一番売れているのは普通車であればハイブリッド、そしてガソリン車であれば軽自動車ではないかと思います。特に軽自動車は安定して人気があります。

軽自動車の魅力はなんといっても維持費が安いことではないかと思います。税金が1万円以下というのは嬉しい限りですし、燃費もよいのです。さらに室内も苦になるほど狭いわけではなく、十分に乗れると感じるスペースがあります。
そしてエンジンが小さいので力がないかというとそんなことはなく、高速道路でも問題なく走ることができるのです。そしてボディが小さいとメンテナンスのための費用も少なくて済みます。オイル交換のときのオイルも少なくて済みますし、2年に1度の車検もやはり軽自動車の方が普通車よりも安いのです。

さらにもし新車なり中古なりで購入した軽自動車を売りに出す時にも、普通車ならばすぐに値が下がってしまうところが、軽自動車の場合はしっかりと値がつくことが多いのです。高く売ることができるのが軽自動車の魅力でもあるのです。
他にも小さいゆえに運転がしやすいことや注駐車も簡単など利点は本当に多いです。これからも軽自動車人気は続きそうですし、各メーカーが力を入れる分野のひとつになっています。


TOP